小麦の様子


ご無沙汰してます。久しぶりの更新です。11/23播種の農林61号の穂が出そろいました。この後、他3枚の畑で61号を蒔いたのだけど、ココが一番生育が良い。タイミングもあるが、畑によってかなり性格が違うようだ。草のはえ方も全く違うし、水はけも違うしね。

小麦の花。可憐だねえ。

この畑の緑肥は赤クローバー。ちっちぇ!!!雑草に埋もれてたので上部だけ草刈り機で刈りました。この後大きくなってくれんのかなあ?早く大きくなんないと田んぼになっちゃいますよ。

こちらは11月頭蒔きのミナミノカオリ。

ちょっと色がついてきたかな。稲穂が垂れるのもイイけど、麦のノギが突っ立てるのはカッコいいな。麦刈りが楽しみです。

ココの緑肥はレンゲ。この畑のみ手取り除草をしたかいあって理想に近いカタチに。飽くまでメインは田んぼなので、畑の7割はレンゲを栽培してます。

こちらはライ麦。試験的に栽培。種取りが目的です。たくさん穫れたらパンに使いたいな。でもモジャモジャしてるがいっこうに上に伸びない。蒔くのが遅かった?

こちらはスペルト小麦。ヨーロッパで品種改良される以前の古代小麦らしい。最近増えている小麦アレルギーは品種改良された小麦では発症しても、この古代小麦では大丈夫らしい。こちらも生育が・・・。屋久島の気候は温過ぎですか?

こちらは鴻巣25号。調子イイね。ミナミノカオリもそうだけど、この鴻巣25号も強力粉だ。ちなみに61号は中力粉で主にうどんなどの麺類に用いられる。同じ12/8にミナミノカオリも蒔いてるけど、こちらの方が生育もよく出穂も早い。ただ、耐倒伏性が弱いのかな?薄播きにしてじゃんじゃん麦踏みして分けつさせればOKか。